OpenMatome View

河村能舞台「能を楽しむ」
「能を楽しむ」河村純子さん(河村能舞台)  世阿弥は元祖日本のアイドル少年!  父観阿弥の英才教育:漢詩、和歌、連歌、古典物語、蹴鞠  父観阿弥のデビュー戦略:面をつけない直面(ひためん)がある「翁」で美少年を見せる  世阿弥は700年続くビジネスモデルを確立:「風姿花伝」経営書
Updated Date : 2018-09-03 02:40:45
Author ✎ htakagi
この記事をシェアしてください。 ☺

「能を楽しむ」河村純子さんの動画
「能を楽しむ」河村純子さん(河村能舞台)20160217
大阪自由大学の「うめきた」サロン「能を楽しむー現代に生きる総合芸術」 河村純子さん(河村能舞台)での講演動画です。 福岡県出身。同志社大卒。 河村能舞台の運営に携わり、一般市民、学生、外国人など初心者向けに1996年から「能楽おもしろ講座」を主宰し、現在までに約30万人が参加している。
能の扇
十松屋web能の扇ギャラリー
能の扇ギャラリー 「“能の扇”について」  室町時代、能や狂言が芸能として世に登場してきた当初、装束と同じく、扇は堂上貴顕(とうしょうきけん)よりの拝領で役者に贈られることが多かった様です。その後の長い歴史のなかで、能楽の発展に合わせて『能の扇』というジャンルが定まってきたと考えられます。  能の扇は流儀や曲趣により様々なものが用いられますが、その閉じた時の姿により大きく二種類に分けることが出来ます...
世阿弥のビジネスモデル
河村能舞台

河村能舞台へのアクセス
住所:京都市上京区烏丸上立売上ル 地下鉄:烏丸線「今出川」駅2番出口より北へ150m 京都市バス:201番 203番 59番 51番 「烏丸今出川」下車北へ200m
35.03255505489595
135.75913846405456
0
0
0
19
35.03255505489595,135.75913846405456,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

大本山建仁寺 塔頭『西来院』
黒谷『永運院』の魅力
1670年(寛文10年)に創建された『二条陣屋(重要文化財「小川家住宅」)』
京町家『無名舎』(国指定登録有形文化財)
歴史が息づく様式の美学。京都市指定文化財「長江家住宅」