OpenMatome View

和中庵
近江商人・藤井彦四郎(有鄰館を創設した藤井善助氏の弟)の邸宅として建てられた名建築。 スパニッシュを基調とした2階建ての洋館と渡り廊下でつながれた奥座敷「客殿」が、山裾の傾斜地を活かして和洋折衷の優雅な建築の美を見せている。
Updated Date : 2018-09-12 02:09:20
Author ✎ htakagi
この記事をシェアしてください。 ☺

和中庵
「和中庵」は滋賀県近江五箇荘(ごかしょう)出身の繊維製造販売業者、藤井 彦四郎(ふじい ひこしろう、1876年-1956年)が贅を尽くし、粋を凝らして建てた、鹿ヶ谷の山裾の林を開拓した広大な庭園を持つ邸宅である。   昭和24年(1949年)にノートルダム教育修道女会が取得。 修道院として改造、利用した後、平成20年(2008年)にノートルダム女学院中学高等学校に移管された。

和中庵へのアクセス
〒606-8423 京都府京都市左京区鹿ケ谷桜谷町110 ・市バス 京都駅から 5号系統「真如堂前」下車 徒歩約15分 四条河原町から 203号系統「真如堂前」下車 徒歩約15分 出町柳駅から 17号系統、102号系統、203号系統 「錦林車庫前」下車 東へ徒歩約15分
35.020223141628705
135.79672934688688
0
0
0
15
35.020223141628705,135.79672934688688,0,0,0
この記事をシェアしてください。 ☺


関連記事

大本山建仁寺 塔頭『西来院』
黒谷『永運院』の魅力
1670年(寛文10年)に創建された『二条陣屋(重要文化財「小川家住宅」)』
京町家『無名舎』(国指定登録有形文化財)
歴史が息づく様式の美学。京都市指定文化財「長江家住宅」